製造業の年収はどのくらい?工場勤務の平均年収とは

公開日: 2024/05/02 最終更新日: 2024/05/20

製造業には鉄鋼・自動車・食品などさまざまな種類があるため、年収のイメージがつきにくいという方も多いのではないでしょうか。製造業への就職や転職を考えているのであれば、なおさら年収は大事なポイントです。本記事では、製造業における平均的な年収について、工場での勤務や年代別の傾向にも触れながら紹介します。

製造業にはどんな種類がある?

製造業にはさまざまな分野がありますが、大きく分けると「基礎素材型産業」「加工組立型産業」「生活関連型産業」といった3つに分類できます。それぞれの種類の特徴を紹介します。

基礎素材型産業

基礎素材型産業は、各産業の基礎となる素材を製造する産業です。主に紙やパルプ、プラスチック、ゴムなどがその例です。代表的な産業として、鉄鋼業、金属製品製造業、石油製品などがあげられます。

日本はとくに鉄鋼業や金属製品、石油製品の生産量において世界的にも上位に位置しています。しかし、近年では中国やインドなどの新興国の発展も目覚ましいため、競争が激化しています。

加工組立型産業

加工組立型産業は、素材を組み合わせて加工品を製造する産業です。主に、電気機器や精密機器の製造があげられます。平成20年時点で、加工組立型産業は事業所数は最も少ないものの、従業員数や出荷額は最大です。

これには、日本国内に家電メーカーや自動車メーカーなど、世界的に有名な企業が多く存在し、業界全体をけん引していることが大きく関係しているでしょう。

生活関連型産業

生活関連型産業は、衣食住に関する製品を生産する産業です。主に、食料品や飲料、衣服などが含まれます。生活関連型産業のなかでも食品製造業は、日本のほとんどの都道府県で全製造業の従業員数の割合が上位に入るなど、地域の雇用に大きな貢献をしています。

製造業の年収について

製造業の年収は、製品や業務内容、年齢や雇用形態によってさまざまです。正社員として働く場合や工場での勤務における平均年収、さらに年代別の平均年収などについて見てみましょう。

製造業の平均年収

国税庁の調査(令和2年分)によると、製造業の平均年収は正社員の場合、約700万円です。月収の平均は約50万円で、賞与の平均は約90万円です。この数字は、日本全体の平均年収である約400万円と比較しても高い水準にあります。ただし年収は、企業の規模や役職、勤務年数などによって異なります。

工場勤務の平均年収

工場勤務の場合、平均年収は約320万円です。キャリアが長ければ年収も上がり、管理職クラスになると、年収600万円程度に達することもあります。

年代別の平均年収

製造業の年収は、年齢とともに上昇するのが特徴です。20代の平均年収は約257万円、30代になると約330万円、40代では約391万円、50代では約438万円となっています。さらに、手当や役職があれば、これらの数字はさらに増加します。

賞与や諸手当を考慮した場合の平均年収は、20代で300〜400万円、30代で400〜500万円、40代で500〜600万円が目安となります。

高卒でも高収入を目指せるのか

製造業は学歴よりも、経験やスキルなどを重視する傾向があります。そのため、高卒でも正社員として採用される機会は十分にあり、頑張り次第で出世も可能です。

また、資格取得やスキルの習得によって、キャリアアップのチャンスも広がります。資格手当の支給や任される仕事の幅が広がることで、高収入を目指すことができるでしょう。

なぜ女性の年収が低いのか

製造業において、男女の年収には大きな差があります。これは、仕事の内容や労働条件が異なることが主な要因です。男性は資格取得や夜勤、残業手当などを活用することが多く、それによって年収が高くなりやすいです。一方、女性は梱包や検品などの軽作業に従事することが多く、未経験でもできる仕事が多いため、年収が低くなる傾向があります。

製造業における諸手当

製造業における従業員の給与は、基本給以外にさまざまな手当が支給されることが一般的です。諸手当は、年収に影響を与える重要な要素でもあります。ここでは、製造業でよく見られる諸手当について解説します。

時間外手当・休日出勤手当

時間外手当(残業手当)は、法定労働時間を超えて労働した場合に支払われます。1日の労働時間が8時間を超え、1週間の労働時間が40時間を超える場合に適用されます。基本給を時給換算した金額に対し、25%以上の割増率が支給されます。

休日出勤手当は、企業の指定する休日に勤務した場合に支払われます。基本給を時給換算した金額に対し、35%以上の割増率が支給されます。これらの手当は、人手不足や繁忙期など、勤務条件が厳しい状況下で発生することもあります。

役職手当

役職手当は、従業員が企業内で特定の役職に就いている場合に支給されます。支給額は、役職の階級や責任の大きさに応じて変動します。

一般的には、勤務年数と役職は比例する傾向がありますが、企業によっては若い年齢でも役職を任されることがあります。役職手当は、従業員のモチベーションや責任感を高めるためにも大切な要素です。

深夜手当

深夜手当は、製造業や工場勤務に特有の勤務体制である夜勤シフトの場合に支給される手当です。夜間の労働に対する補償として支払われます。通常の賃金や時間外手当などに加えて、基本給を時給換算した金額の25%以上が支給されます。夜勤勤務は、高い手当が支給されるため、多くの従業員にとって魅力的な勤務形態となっているようです。

技能・資格手当

技能・資格手当は、企業が必要とする特別な技能や資格を持つ従業員に支給される手当です。製造業では、危険物取扱者や衛生管理者などの資格が代表的です。手当は、資格取得によって一時的に支給される場合と、毎月決まった金額が定期的に支給される場合があります。

製造業で年収を上げるための方法

製造業で年収を増やすには、いくつかの有効な手段があります。以下に、その具体的な方法を紹介します。

残業や夜勤などを増やす

労働基準法によれば、残業や夜勤を行った際には、基本給の一定割合が手当として支給されます。たとえば、残業時には基本給の25%が支給され、休日出勤時には35%が支給されます。そのため、残業や夜勤などの勤務時間を増やすことで、手当が上乗せされ、年収を増やすことができるのです。

資格を取得する

製造業で働く際には、特定の資格を持っていると給与面での優遇が受けられることがあります。資格手当は毎月3,000円〜1万円ほど支給され、年間で換算すると約10万円の手当が得られることになります。

製造業にはさまざまな職種や技術が存在するため、自身の職場で必要とされる資格を取得することで、年収を向上させることができます。

長期勤務を続ける

製造業には、昔ながらの終身雇用制度が給料に反映されています。そのため、長期間勤めることで給与水準が徐々に上昇し、年収を増やすことができます。安定した雇用とともに、着実に収入を増やしていくことが可能です。

給与水準の高い企業へ転職する

製造業界で給与水準の高い企業に転職することも、年収を増やす方法のひとつです。大手企業では一般的に、安定した収入と高水準の給与が期待されます。

また、経験や取得した資格など自身の価値をアピールすることで、即戦力として期待されることがあるため、より好条件での転職が可能となるでしょう。

他の工場に移る

工場は、業界や部門を変えるだけでも年収が大きく変わります。製造業のなかで、自動車部品や電化製品を扱う大手メーカーでは、高水準の給与が支払われます。自身のスキルや経験を活かし、他の工場への移籍を検討することで、年収アップを図ることができるでしょう。

まとめ

製造業は、基礎素材型、加工組立型、生活関連型の3つの分野に大別され、それぞれ異なる特性を持っています。製造業の平均年収は、正社員の場合で約700万円、工場勤務では約320万円となっています。年齢とともに年収が上がる傾向にあり、高卒でも経験やスキルを積むことで高収入を得るチャンスがあります。

また、製造業における諸手当も重要で、残業手当や役職手当などが年収に影響を与えます。年収を上げるには、残業や夜勤を増やす、資格取得や長期間の勤務、転職などが効果的な方法です。経験やスキルを活かし、適切なキャリアパスを選択することで、製造業における収入を向上させることができるでしょう。

愛知のおすすめ製造業派遣会社7選比較表

イメージ
会社名グローバルリンケージ株式会社株式会社アバンセコーポレーションUTコネクト株式会社ホットスタッフMan to Man株式会社フジアルテ株式会社株式会社ジアス
特徴東海エリアに特化した人材派遣&アウトソーシングの会社海外出身の人も安心して働ける環境を用意!生活面やキャリアアップもサポート全国規模のUTグループ内で工場・製造業に特化した派遣会社!地元に密着した迅速なサービスが特徴的、製造業に特化した人材派遣会社製造業、工場の求人に特化しており、正社員を目指せる塾のような人材派遣会社定期的なフォローシステムによって安心して働ける人材派遣会社大手企業求人、寮完備・送迎費無料の好条件求人を多数紹介している人材派遣会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら